Description by hiro

colorrange.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 12日

DJI wookong Mのトラブル

ここ数日ヘキサコプターの不調で、その改善に追われる毎日でした。

マルチコプターの検索で見に来られる方も多いので、同じような症状で悩んでおらたら
参考にしてください。

トラブル1:空撮1回目につづき2回目のフライト中、約3分後突然あらぬ方向へ走る。
      さいわい障害物がなく(下は民家)、50mほど行ったところでGPS Attiモードから
      Attiモードに切り替え、安定してホバーリング、機体の向きがわからずGO HOMEで
      頭上まで戻しランディング。(わなわな、ぶるぶる)
 
対処   :電波障害をうたがい、映像送信用のDAコンバーターと送信機をはずす。

トラブル2:フライトテスト。飛行中の機体制御は問題なく新しく装備した映像送信機かと思い
      問題解決?ほっとしたその後、GO HOMEを掛けて戻そうとしたとき、前回同様に
      右に向きを変えていっきに走り去る!
      GPSモードを切り、手動でもどす。

      トラブル1も何らかの原因でGO HOMEに入り、右に走ったと思われる。

対処   :キャリブレーションをとりなおす。
      ほぼ全ての接続部分のチェック、コネクタのさし直し。

トラブル3:フライトテスト、機体操作もんだいなし、離陸点より距離20m、高度約20m
      ほどはなしGOHOME、その場でぐらぐら傾き(最大35°)暴れる、制御不能。(汗)
      そのままでは、しまいにバランスをくずし墜落したと思う。
      モードをマニュアルに切り替え、機体は安定し無事着陸。(大汗)

      念のため更に距離を遠ざけGO HOME、結果は同じ。

対処   :アシスタントソフトウェアー最新の1.32を1.24に戻す。
      キャリブレーションをとりなおす。

      テストの結果、機体の操縦、GO HOMEともに良好!

そんな訳で、確定はできませんがソフトウェアーのバージョンが原因だったかと思われます。
これまで、最悪の墜落だけはまぬがれましたが、一瞬頭が真っ白に、、、しかし大事なことは
とにかく冷静に対処することだと思います。
それから、あってはならないのですが、事故で被害を及ぼすことも有りえますから保険には
入っておかれる事をおすすめします。

d0116871_12421778.jpg


      
[PR]

by description-hiro | 2012-10-12 12:43 | マルチヘリ


<< 西海橋      待ち >>