<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 30日

ヤリスギか

d0116871_16415656.jpg
フィルムの時とは違い、撮ったその場で画像の確認が出来、ラボでの現像を待つ事も無く自宅で仕上げる便利な時代になったと思う。べとついた感じはあまり好きではないが、photoshopを使いあれこれやっているうちに、やりすぎるといつの間にかここまで来てしまう。
 
[PR]

by description-hiro | 2007-03-30 16:40 | スナップ
2007年 03月 27日

空の扱い方

d0116871_14592373.jpg
車で5分たらずの所に町内では有名なしだれ桜の老木が有り、持ち主はご自宅の庭を無償で開放されており、そこで娘と家内を連れて撮影会。10mmの画角をイメージしながら娘の脇の下からノーファインダーで狙ってみたが師匠yodaさんみたいな空にはならない。マスター出来るのはいつの日か、、、。
 
[PR]

by description-hiro | 2007-03-27 14:59
2007年 03月 17日

wide range

d0116871_15493719.jpg
d0116871_1633229.jpg

 
[PR]

by description-hiro | 2007-03-17 15:48 | Landscape
2007年 03月 15日

農機具

d0116871_16292822.jpg
田舎に住んでいるので、古びた倉庫の中を覗くと、このような光景を目にする事が多い。自動車とちがい農繁期のみの出動なので、眺めていると、それまでじっと待機している姿がいじらしく思えてくる。それにしてもかなりのご老体だ。
  
[PR]

by description-hiro | 2007-03-15 16:25
2007年 03月 12日

MIRROR

d0116871_21271862.jpg
遠く古事記にも「八咫鏡」(やたのかがみ)が三種の神器のひとつとして記され、今も天皇家に継承されているそうだが、森羅万象を淀み無く映しているにも関わらず鏡のなかの世界が妙に信憑性があり、普段の視線が歪んでいるかのように諭され、ハッとする。そんな経験をされた方も少なくないだろう。見下ろせば地上と上空との隙間に存在する自分であることを写真に収める。広くはないため池だったが、SIGMA 10-20mmのおかげ、、ありがとう。
 
[PR]

by description-hiro | 2007-03-12 12:47 | Landscape
2007年 03月 08日

語りかけてこなければ

d0116871_2332736.jpg
ただ綺麗なだけでシャッターを切る事はない。日没も過ぎた河川敷には、洪水で海まで流れ着いたであろう木々やゴミが偶然にも絡まり、
水がひいた今では自然が残るべきものを残し造ったオブジェのように見えて仕方がない。
インパクトがなくても語りかけてくれる写真が撮れたらいいと僕は考える。
 
[PR]

by description-hiro | 2007-03-08 23:02 | Landscape
2007年 03月 06日

DANCE DANCE

d0116871_1115357.jpg
2か月前の事だった。ネットを徘徊中にyodasさんのblogに辿り着き、目にしたそれは私の心を揺さぶるのに十分過ぎるほど洗練されたものだった。
それ以来一方的に「我が師匠」(弟子にした覚えはないと言われそうだが)と仰ぎ、陰ながら応援(ポチッ)しようと決意した!
機材にこだわって、その力に依存するつもりはさらさら無いのだが、SIGMA 10-20mmは
yodaさんの写真を見る限り持つだけでいい写真が撮れそうなレンズだ。
お金に余裕はないが何とか手に入れたSIGMA 10-20mm!使いこなせるか、
ファインダーをあれこれと覗いた後、画角とパースを頭にインプットするために近くの公園へ2匹の犬たちを連れ出し撮影。
この場合ノーファインダーでのそれは効果的なのかもしれない。
 
[PR]

by description-hiro | 2007-03-06 09:51 | スナップ